診療メニュー

診療日カレンダー

モバイルサイトQRコード

患者の気持ち

ドクターズ・ファイル

スポーツ整形外科を受診される方へ

テニス

スポーツ特有の怪我(スポーツ傷害)は、一般の整形外科的傷害と異なることがあり、その診断・治療はスポーツ整形外科に長けた医師にお任せ頂くのが安心です。

サッカー、野球、バレエ、チアリーディング、ランニング、テニス、ラグビーなどの運動をされている方で、運動中に怪我をされた方、身体に痛みを感じるようになった方々を診療しております。また、怪我をしにくい身体にする為のトレーニング方法や治療を受けながら練習を続けたい方などもお気軽にご来院下さい。

スポーツ整形外科のよくある症例

スポーツ外傷の応急処置

スポーツ外傷

スポーツ中、身体に急激な大きな力が加わっておこる不慮の怪我を「スポーツ外傷」と言います。 一方、スポーツ動作の繰り返しによって身体の特定部位(骨、筋肉、靱帯)が酷使されることによっておこるものを「スポーツ障害」と言います。

また、スポーツ障害は別名「使い過ぎ症候群」とも呼ばれます。

テニス肘

物をつかんで持ち上げる動作やタオルをしぼる動作をすると、肘の外側から前腕にかけて痛みが出現します。
多くの場合、安静時の痛みはありません。

野球肘

成長期にボールを投げすぎることによって生じる肘の障害を野球肘と言います。
投球時や投球後に肘が痛くなります。肘の伸びや曲がりが悪くなり、急に動かせなくなることもあります。

疲労骨折

疲労骨折とは、1回の大きな外傷でおこる通常の骨折とは異なり、骨の同じ部位に繰り返し加わる小さな力によって、骨にひびがはいったり、ひびが進んで完全な骨折に至った状態を言います。

医院概要

医療法人社団 恵光会 たかの整形外科

労災保険指定医療機関

所在地
〒156-0053
東京都世田谷区桜3丁目-16-7 ドウェルフジ1F
※裏にコインパーキングあり
電話
03-6413-6585
受付時間
  日祝
08:45~12:15 - -
14:15~18:15 - - -

:火曜・金曜の午後は19:15まで
休診日 : 木曜・日曜・祝日

受診の順番取りについて
待ち時間の確認など詳しくはこちらから
必ず受付時間内にご来院ください

ページトップ

Copyright © 医療法人社団 恵光会 たかの整形外科 All rights Reserved.