診療メニュー

診療日カレンダー

モバイルサイトQRコード

患者の気持ち

ドクターズ・ファイル

当院で行う日帰り手術

日帰り手術

当院では、巻き爪(陥入爪)、皮膚・皮下軟部腫瘍 などについて、局所麻酔や伝達麻酔(上肢のみの麻酔)での日帰りの手術を行っております。入院にて手術が必要と判断した場合は各手術の専門性の高い病院を紹介させていただきます。
手術に必要な部位の麻酔だけで済み、手術終了後は特に問題がなければお帰り頂けます。

巻き爪は、爪の側面が内側に巻き込む状態を言います。
ひどくなると指の肉に爪が喰い込んで、感染して膿をもち、激しい痛みをおこす場合があります。また、痛みがひどくなると、今までの自然な歩き方ができなくなり、足首や膝、腰へと負担がかかってしまい、捻挫や膝痛、腰痛を起こす原因にもなります。

巻き爪の主な原因

靴による圧迫

合わない靴を履き続けていたり、立ち仕事など、足に負担をかける時間が長い場合、巻き爪になりやすくなります。

足の指先の怪我

足に物を落としてしまったり過剰な衝撃が加わった場合などに、爪の側面、肉の部分が炎症を起こし、盛り上がってしまうと、両端から爪を圧迫する場合があります。

深爪

爪を切りすぎると、周りの肉が両端から爪への圧迫を起こし、巻き爪になる場合があります。

体質

薄くてやわらかい爪の方が巻き爪になりやすいようです。
爪が薄くても硬さのある爪であれば、巻き爪になりにくい場合もあります。

巻き爪の日帰り手術

巻き爪は、多くの場合、外から見える以上に非常に幅広い爪が深く皮膚に突き刺さっており、しかもその脇の縁は刃のように鋭くなっています。
巻き爪治療の原則は、まず炎症を起こしている皮膚と爪の間に接触をなくすことで、まず爪の幅を狭くし、貯まった感染炎症組織を掻き出し、キレイにすることが必要ですので、ある程度進んだ巻き爪の場合は手術的治療を選択すべきと考えます。

当院では、再発しにくい小手術を行っております。
局所麻酔の下、爪の形状を根元まで整え、皮膚の炎症組織があればそれもキレイに削ります。そして根元に残った爪の元になる細胞も再び増殖して生えて来ないように特殊な処置を行います。皮膚消毒・麻酔から手術終了まで15分程度で終了し、勿論歩いて帰れます。
その後数日間、傷の処置に通って頂きますが、約1週後には多くの場合シャワーで濡らしても構わない状態まで治り、術後の化膿も非常に少ない手術方法を採用しております。

医院概要

医療法人社団 恵光会 たかの整形外科

労災保険指定医療機関

所在地
〒156-0053
東京都世田谷区桜3丁目-16-7 ドウェルフジ1F
※裏にコインパーキングあり
電話
03-6413-6585
受付時間
  日祝
08:45~12:15 - -
14:15~18:15 - - -

:火曜・金曜の午後は19:15まで
休診日 : 木曜・日曜・祝日

受診の順番取りについて
待ち時間の確認など詳しくはこちらから
必ず受付時間内にご来院ください

ページトップ

Copyright © 医療法人社団 恵光会 たかの整形外科 All rights Reserved.