診療メニュー

スタッフ募集

診療日カレンダー

モバイルサイトQRコード

患者の気持ち

ドクターズ・ファイル

PRP療法(PRP-FD療法)とは

これまでのひざ治療当院では再生医療として、変形性膝関節症に適したPRP-FD療法を行っております。
近年、メジャーリーグの選手などプロスポーツ選手のケガの治療にPRP療法が使用され、一般の方への関節の痛み・腱や筋肉の損傷などに対する治療法としても注目されています。
PRP-FD療法とは、ご自身の持つ血小板の成長因子を使って、治りにくい組織の治癒を促す治療法です。ヒトの細胞組織が損傷した場合、血小板が放出する成長因子により、組織の修復が行われます。PRP-FDとは、一般的なPRPと異なり、ご自身の血液から作成したPRP(多血小板血漿)を活性化し、さらに成長因子を多く含んだ状態のものを濃縮し無細胞加工した後にフリーズドライしたものです。このPRP由来の成長因子を用いて患者様に本来備わっている自己治癒力を高めていくことが、PRP-FD療法の目的となります。従来のPRP療法と比べ注射後の痛みが少なく、成長因子の量が多いため効果が高いことが特徴です。特に変形性膝関節症に対しては、保存療法と、人工膝関節置換術の間を埋める治療として、近年大いに期待されています。

適応となる患者様

PRP-FDに含まれる成長因子

PRP-FDに含まれる成長因子

PRP-FD療法のメリットデメリット

メリット

デメリット

治療の流れ

①問診・診察・検査(レントゲンなど)
問診・診察・検査(レントゲンなど)

※保険適応

②採血
採血(1部位につき約49ml)し、加工委託事業者(セルソース株式会社)へ配送しPRP-FDを製造

採血(1部位につき約49ml)し、加工委託事業者(セルソース株式会社)へ配送しPRP-FDを製造

③注射
3週間後に患部へ注射

3週間後に患部へ注射

以下に該当される方はRPR-FD治療を受けることができません

治療費用

PRP-FD治療 片側のみ 185,000円(税込)
両側同時 300,000円(税込)

※血液検査料の15,000円(税込)含む
※採血の結果感染が疑われ、治療ができない場合は、検査代の15,000円はご返金できかねますので、ご了承下さい。

治療前後の注意点

医院概要

医療法人社団 恵光会 たかの整形外科

労災保険指定医療機関

所在地
〒156-0053
東京都世田谷区桜3丁目-16-7 ドウェルフジ1F
※裏にコインパーキングあり
電話
03-6413-6585
受付時間
  日祝
08:45~10:30 - -
14:45~17:00 - - -

:金曜の午後は18:00まで
休診日 : 木曜・日曜・祝日

ページトップ

Copyright © 医療法人社団 恵光会 たかの整形外科 All rights Reserved.